「死亡フラグ」の意味とは?意味や使い方を解説!

「死亡フラグ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「死亡フラグ」について解説します。

目次

  1. 死亡フラグ
  2. 死亡フラグの意味とは
  3. 死亡フラグを使った文章・例

死亡フラグ

死亡フラグ」という言葉について解説します。

みなさんはこの「死亡フラグ」という言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

ネット用語から始まった言葉とも言われていますが、今では若者を中心に一般的に使われるようになっています。

また、〇〇フラグといった形に変型して使われることもあり、その用途は幅広いものとも言えます。

ということで、ここではそんな「死亡フラグ」という言葉について、意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

死亡フラグの意味とは

>

死亡フラグとは「話の流れから、この先に、死を予感させる、死ぬであろうと思われる伏線、エピソード」のことを指して使われています。

よく言われるのが、ドラマや映画、アニメなどで登場人物が「俺、この戦争が終わったら結婚するんだ」といった発言を指して死亡フラグと言われています。

往々にしてこのセリフを吐いた人物は、死んでしまい非業の死を遂げることが多いため、死亡フラグの代表例とされています。

この死亡フラグのフラグは旗の意味で目印といった意味合いも持っており、フラグが立つ、旗が立つといった使われ方もします。語源はプログラミング用語のフラグからきているといわれているようです。

あまりにも露骨な死亡フラグは、見破られてしまい伏線にもならないことも多々あるようです。

死亡フラグを使った文章・例

  • やめろよ~それ死亡フラグじゃん~。といった形でリアルで使うといささか格好悪くなるので、ネットの中だけにした方がよいかもしれない。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ