「デリカシー」とは?意味や使い方を解説!

日常生活で「デリカシー」という言葉を耳にすることがあると思います。聞いたことはあるけど意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「デリカシー」について解説します。

目次

  1. デリカシー
  2. デリカシーの意味とは
  3. デリカシーを使った文章・例文

デリカシー

デリカシー」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

「デリカシーのない男性は嫌い!」とよく言う女性がいますが、「デリカシー」とは具体的にどういった意味なのか、知っていますか。

よく使用される言葉ですが、意外にも意味を理解せずに何となくの意味で使用している人がたくさんいます。

まだ意味を知らないという人はこの記事で覚えてしまいましょう。

今回は「デリカシー」について解説していきます。

デリカシーの意味とは

「デリカシー」とは「(心配りの)繊細さ、気配り」を意味します。
英語では「delicacy」と表記します。
「delicasy」と誤表記する人が多くいるため、注意しましょう。

「デリカシー」は相手を思いやる気持ちを意味します。

「デリカシーがない行動」とよく見ますが、これは「相手の気持ちを考えられない行動」という意味です。
例えば、静かなところで大声で話したり、「センスないね」などの発言などです。

日本語でいうならば「デリカシーのない」=「無神経」となりますね。

このように「デリカシー」という言葉は否定を表す言葉として多く使用されます。

しかし、最近では「つまらない」=「デリカシーのない」と間違った使い方をしている人がいます。
あくまでも「デリカシー」は思いやる気持ちを意味するため、全く間違った使い方です。

デリカシーを使った文章・例文

「デリカシー」を使った例文を紹介します。

  1. デリカシーのない男性は女性から嫌われる。
  2. 君のその発言はデリカシーに欠けるね。
  3. もう少しデリカシーを持った行動をとるべきだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ