「センセーション」とは?意味や使い方を解説!

「センセーション」という言葉をご存知でしょうか。英語でも意味をはっきりと理解できない表現です。また、どのような時に使うことができるのでしょうか?聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「センセーション」について解説します。

目次

  1. センセーション
  2. センセーションの意味とは
  3. センセーションの類語・英語
  4. センセーションを使った文章・例文

センセーション

「この音楽はセンセーションを起こす」「あれはセンセーションな出来事だった」とよく言われるものです。

しかし、何となく意味が分かりにくい表現ではあります。

類語や英語の表現を調べるのなら日本語でも使用されるようになったこの言葉の意味をより理解できるようになります。

センセーションの意味とは

「センセーション」という言葉には「広範囲にわたって興奮や関心が引き起こされるという意味があります。

だからこそ、ブームが生じたときに「センセーションが巻き起こる」といった表現になります。

さらに評判がとても良いときにも用いることのできる表現ともなっています。

センセーションの類語・英語

では、センセーションという語彙にはどのような類語や英語での表現があるのでしょうか?

類語としては以下の表現を列挙できます。

  1. 波乱
  2. 波紋
  3. 一大ブーム
  4. 旋風
  5. センセイション
のような表現をお伝えできます。

では、英語ではどのように表現されるのでしょうか?また、どのような意味を持つのでしょうか?

「sensation」という綴りで発音も日本語で呼ばれるセンセイションまたは、センセーションに近い音で読みます。

意味としては、感動、感覚、気持ち、大評判といった日本語でも使用される意味と同じような使い方の表現です。
 

センセーションを使った文章・例文

では意味をはっきりと理解したので、ここでセンセーションを使ってどのような表現ができるのか幾つか例文を見てみましょう。

  1. 昔、このサッカーチームはセンセーションを巻き起こした
  2. センセーションなデビューであった
  3. まだセンセーションな活躍はできていない

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ