「約款」とは?意味や使い方を解説します!

「約款」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「約款」について解説します。

目次

  1. 約款
  2. 約款の意味とは
  3. 約款の使い方・例文

約款

皆さんは「約款」という言葉をご存知でしょうか。

「やっかん」という読み方や意味、使い方など、あまり知られていない言葉なのではないでしょうか。
契約に関係する言葉なので、自分には縁が無いと感じる方も多いでしょう。
しかし、実は意外にも身近な事柄に関わっているのです。

今回は「約款」という言葉について詳しく解説します。

約款の意味とは

約款とは「契約の中の個々の条項」という意味です。
読み方は「やっかん」です。

銀行や保険会社などの企業が顧客と契約を結ぶ際に使用する「約款」を「普通契約約款」といいます。
「普通契約約款」は多数の顧客と同一の内容の契約を結ぶ際に使用します。その内容はあらかじめ定められており、個々の顧客の都合によって変更することはできません。

携帯電話の通信契約など、この「約款」を使った契約は消費者の身近に多くあります。
しかし「約款」をきちんと読まずに契約して、後になって不都合が発覚してしまうというケースが後を絶ちません。
「約款」を変更することはできないので、その場合は契約自体を解除する以外の方法はありません。

しかし「約款」の内容自体に問題がある場合も少なからずあり、法解釈や法規制が求められています。
物品の購入から一定の期日以内であれば基本的に返品交換を受け付けなければならない旨を定めた「クーリングオフ制度」もその一つです。

>

約款の使い方・例文

  1. 何かを契約する場合は約款にしっかりと目を通し、内容を理解することが大切です。
  2. 約款に書かれていることを見落としていて、契約内容の不履行をしてしまったらしい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ