ビーコンとは?意味や使い方を解説

スマホの登場によってテクノロジーやマーケティングの領域で聞くようになってきた「ビーコン」という言葉の意味を把握しましょう。

目次

  1. ビーコン
  2. ビーコンの意味とは
  3. ビーコンを使った文章・使い方

ビーコン

スマホが登場してきて依頼「ビーコン(Beacon)」という言葉がITのテクノロジーやマーケティングの領域で聞かれるようになりました。

このビーコンの意味について把握しましょう。

ビーコンの意味とは

ビーコンは主にWEBと無線LANとで意味合いがかわってきます。

WEBでは

WEBのビーコンはWEBページのコンテンツやメールなどに埋め込まれたデータ収集用のタグのことを指します。そのビーコンは通常コンテンツとして表示されないようになっている場合が多いです(例えば1pxの白い画像など)。

このビーコンを利用してユーザーがWEBページにアクセスした情報を収集することができます。

無線LANでは

ビーコン(beacon)とは信号灯や無線標識の意味ですが、無線の世界ではBluetoothの信号の発信機の意味となります。

Bluetoothを搭載した機器は最近スピーカー、イヤホンなど多く登場していますが、半径数十メートルで利用可能な無線の通信規格のことです。

ビーコンを使った文章・使い方

WEBでは

  1. WEBページにビーコンを埋め込んで、ユーザー情報を収集する
  2. HTMLにビーコンのタグを埋め込んで下さい。

無線LANでは

  1. この新しいスマホにはビーコンの技術が搭載されている
  2. ビーコンを使って位置を特定する
  3. ビーコンにより位置情報が分かるように

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ