「凡ミス」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「凡ミス」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?この記事では「凡ミス」という言葉の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 凡ミス
  2. 凡ミスの意味とは
  3. 凡ミスの類語・英語
  4. 凡ミスの語源
  5. 凡ミスを使った文章・例文

凡ミス

凡ミス(ぼんミス)」という言葉の意味について解説します。

仕事中や試合中などに良く聞いたり、使われる言葉「凡ミス」の意味をご存知でしょうか。

なんとなく意味は分かっていても語源は何だろうと考えると思います。

この機会に意味を理解してみましょう。

凡ミスの意味とは

凡ミスとは「軽率でつまらないミス」「不注意による失敗」という意味になります。
読み方は「ぼんミス」です。

「凡ミス」と「ケアレスミス」の違い

「凡ミス」は実害が伴うミス

「ケアレスミス(うっかりミス)」は「自分の不注意のよって、防ぐことが出来たはずの間違いや失敗」という意味で、エラーに繋がる恐れのある小さなミス。

このことから、「凡ミス」の方が、ミスの度合いが高いと言えます。
 

凡ミスの類語・英語

<類語>
「見落とし」「粗相」「目こぼし」「ケアレスミス」

<英語>
「trivial mistake」「oversight」「unforced errors」

凡ミスの語源

<語源>
確かな語源はありません。

「凡」は「普通」「ありふれた」「優れていない」という意味です。
この意味で「凡」+「ミス」が派生したのかもしれません。

また、野球試合で多用されていることが多いので、「ボーンヘッド」は判断の悪いプレーや素人同然のミスのことを言いますから、「ボーン」を「凡」と結び付けて造語にしたのかもしれません。

凡ミスを使った文章・例文

<例文>

  1. 平凡なフライを取り落とすような凡ミスをしてしまうなんて、プロとは言えない。
  2. 納期に間に合うように必死で仕事をしていたのに、誤字脱字の確認を怠るような凡ミスを二度としてはいけない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ