「コンサルタント」とは?意味や使い方を解説!

「コンサルタント」という言葉を聞いたことはありますか。覚えておくと便利な言葉です。この記事では「コンサルタント」の意味や使い方について解説していきます。

目次

  1. コンサルタント
  2. コンサルタントの意味とは
  3. コンサルタントを使った文章・例文

コンサルタント

コンサルタント(consultant)」という言葉の意味をご存知でしょうか。

「経営コンサルタント」という仕事を聞いたことがあるかと思います。またニュース番組のコメンテーターにも必ずと言っていいほど何かしらの「コンサルタント」の方が出演していますよね。「コンサルタント」とはどういう意味なのか、またどんな仕事なのか、詳しく解説していきます。

コンサルタントの意味とは

コンサルタントとは、「顧客が抱える問題や課題に対して適切なアドバイスで解決に導く人・法人」を意味します。

コンサルティング業を行う個人や法人(事務所・会社)などを指し、アドバイスや方策の提供などを行いながら、時には実際にマーケティングなどの業務の一部を請け負うこともあります。

英語で「consultant」は相談相手や顧問などを意味することから、医師・弁護士・会計士など専門の知識を持ち、個人や企業の求めに応じて仕事や助言をする立場にいる人のことを指すようにもなったといわれています。

経営・建築・公共政策など、おなじみのコンサルタントけでなく、造園や色彩などのコンサルティング業も存在し、様々な分野の専門家がコンサルティング業に乗り出しています。

コンサルタントを使った文章・例文

〈例文〉

  1. 地方企業だからと呑気に構えていられなくなり、ついに経営コンサルタントに頼らざるを得なくなった。
  2. あらかじめ建築コンサルタントに指示を仰いだうえで計画を進めているので安心できる。
  3. 彼の知識はすでに詳しいだけというレベルを超えていて、その道のコンサルティングに着手すれば間違いなく成功するだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ