キャスト(キャスティング)とは?意味や使い方を解説

「映画のキャスト」などキャストという言葉をよく耳にします。キャストとは何なのでしょうか?キャストの意味について解説していきます。

目次

  1. キャスト
  2. キャストの意味とは?
  3. コンピューターの世界でもキャスト?
  4. ChromeCastでもキャスト!
  5. キャストを使った文章・使い方

キャスト

みなさんはキャストという言葉をどこで聞いたことがありますでしょうか?

新聞・テレビ・ネット・ラジオなどでこのキャストという言葉をたまに聞きますよね。

  • 映画のキャスト
  • ドラマのキャスト
  • キャスティングするなど
このキャスト(キャスティング)の意味について今回解説していきます。

キャストの意味とは?

キャスト(cast)の英語の意味は「投げかける」「役を割り当てる」のような意味があります。

国語辞典では映画や演劇などで、出演者に割り当てられた役のこと、つまり「配役」を意味します。

映画や演劇に出演する俳優・女優などはもちろんキャストと呼ばれますが、最近だとテーマパークで働く従業員についてもキャストと呼ぶところもあります。(スタッフと呼ぶところも多いですが)

コンピューターの世界でもキャスト?

エンジニアの方は

  • ブロードキャスト
  • 型をキャストする
などキャストという言葉を日々使っているかと思います。前者についてはcastの意味の「投げる」「送る」の意味が使われています。

後者については映画や演劇の役ではないですが、IntegerやArrayなどの役割を与えるというイメージを持つとわかりやすいかと思います。

ChromeCastでもキャスト!

最近テレビの画面でパソコンで見ている画面をミラーリングしたり、Youtubeの動画を再生させる「ChromeCast」が流行っています。

このChromeCastでテレビ側にミラーリングの映像や、動画の情報を送るときにも「Cast(キャスト)する」といいます。

キャストを使った文章・使い方

  1. 今回の映画のキャストは豪華だ
  2. すぐにキャスティングして!!
  3. 名キャスト
  4. 動画をキャストする

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ