「ケアレスミス」とは?意味や使い方を解説!

「ケアレスミス」という言葉を聞いたことはありますか。覚えておくと便利な言葉です。この記事では「ケアレスミス」の意味や使い方について解説していきます。

目次

  1. ケアレスミス
  2. ケアレスミスの意味とは
  3. ケアレスミスの類語
  4. ケアレスミスを使った文章・例文

ケアレスミス

「ケアレスミス」という言葉の意味や類語、使い方について解説します。

日常生活やビジネスの場でもよく使う言葉ですが、皆さんはケアレスミスの意味をご存知でしょうか。

広く知られている言葉ですが、類語まではあまり知られていません。

よく使う言葉ほど、意味を間違えて使ったときに大きな恥をかいてしまうので、この機会にケアレスミスについて深く知っていきましょう。
 

ケアレスミスの意味とは

ケアレスミスとは、「注意不足による誤り。軽率な勘違い・間違い」という意味の言葉です。

ケアレスとは、「注意力が失われること」という意味になります。

ミスという言葉には、「受けそこなうこと。取り逃す。乗りそこなう。間に合わない。」などさまざまな意味があります。

英語では、「careless miss」と書きます。

>

ケアレスミスの類語

  • 見落
  • 見落とし
  • 粗相
  • 目溢れ
  • 目こぼれ
  • 目こぼし
  • 凡ミス
  • イージーミス
凡ミスとイージーミスは、ケアレスミスと同様によく使われている言葉です。

ケアレスミスを使った文章・例文

  1. 今日は、寝不足だからかケアレスミスが多く上司に叱られてばかりいる。
  2. いつもは調子の良い外野手だが、今日はケアレスミスが多く球を取りこぼしてばかりだ。
  3. 先日受けたテストは、ケアレスミスが多かったようで予想よりも20点低かった。
  4. 英語の試験は、ケアレスミスがなければ100点だったはずだ。
  5. ケアレスミスが多いことを自覚しているなら試験ではきちんと見直しをしなさい。
  6. ケアレスミスがあまりにも多いときは、一度、病院で診てもらった方が良い。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ