「ホワイトデー」とは?意味やお返しについて解説!

「ホワイトデー」という言葉を聞いたことはありますか。覚えておくと便利な言葉です。この記事では「ホワイトデー」の意味や由来について解説していきます。

目次

  1. ホワイトデー
  2. ホワイトデーとは
  3. ホワイトデーの由来
  4. ホワイトデーのお返し

ホワイトデー

ホワイトデー」について解説します。

今では当たり前のようにバレンタインデー、ホワイトデーが記念日として定着しています。

しかし、ホワイトデーの由来など詳細な意味を知っている方は多くはないのではないでしょうか。

ここで一度ホワイトデーについてきちんと把握してみましょう。

ホワイトデーとは

ホワイトデーとは「バレンタインデーにチョコレートをもらった男性がキャンディー、マシュマロなどのお菓子やプレゼントを女性にお返しする日」とされています。

>

ホワイトデーのお菓子の意味

ホワイトデーのお返しのお菓子として定番なのはクッキー、マシュマロ、キャンディーの3つだと思いますが、それぞれにお返しとしての意味があるので紹介します。
 

  • マシュマロ=あなたが嫌いです
  • クッキー=友達でいましょう
  • キャンディー=あなたが好きです
いかがでしょうか。知らないととんでもないことになりかねないので、覚えておいてもいいと思います。

ホワイトデーの由来

ホワイトデーの起源は諸説ありますが日本が発祥のイベントで、全国飴菓子工業協同組合(全飴協)のホワイトデー公式サイトによると1980年に全飴協の発案によってスタートしたとあります。

ホワイトデーという名称の由来は、純潔・純愛のシンボルとしてや、幸福を呼ぶ色、砂糖のイメージといったことからつけられました。

ホワイトデーのお返し

ホワイトデーに何を返すかというのはわりと悩む問題かもしれません。目安として義理チョコ、本命チョコそれぞれの場合どれくらいの相場で何を送るのがいいのか紹介します。

義理チョコの場合

義理チョコのお返しの場合、相場は同程度の値段か少し高いくらいが妥当と言われています。

義理チョコの予算が500~600円となっているようなのでそれくらいを目安に、その時期の人気のスイーツが喜ばれると思います。

基本的には残らない物(スイーツなど)が向いているようです。

本命チョコの場合

すでに付き合っていたり、両想いの場合、アクセサリーやバッグなど形として残るものが喜ばれるようです。その場合の相場は5000円~と、奮発する方が多くなっています。

意中の人からでない本命チョコの場合、むしろ形に残る物は避けた方が好ましいかもしれません。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ