「桃栗三年柿八年」とは?意味や使い方を解説!

「桃栗三年柿八年」ということわざを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「桃栗三年柿八年」の意味や使い方を解説していきます。

目次

  1. 桃栗三年柿八年
  2. 桃栗三年柿八年の意味とは
  3. 桃栗三年柿八年の続き
  4. 桃栗三年柿八年の由来
  5. 桃栗三年柿八年の使い方・文章

桃栗三年柿八年

桃栗三年柿八年(ももくりさんねんかきはちねん)」ということわざの意味や桃栗三年柿八年を使った文章について解説します。

桃や栗や柿など果物の名称と年数が混ざったこのことわざ、文字だけ見てもいまいち想像がつきにくいと思うので、この機会にしっかりと意味を理解しましょう。

桃栗三年柿八年の意味とは

桃栗三年柿八年の意味は「どんなことも成し遂げるまでにはそれ相応の年月が必要になるということ」を表します。

桃栗三年柿八年の続き

本当は桃栗三年柿八年には続きがありました。

続きの形は様々で、桃栗三年柿八年以降に「梅は酸いとて十三年」「柚子は大馬鹿十八年」「柚子は九年の花盛り」など果物が続いたり、「後家一年」「女房の不作は六十年」など果物ではないものまであります。

桃栗三年柿八年の由来

桃栗三年柿八年は、江戸時代後期に始まったとされる大阪いろはかるたの「も」が「桃栗三年柿八年」というものでこれが由来と言われています。

また、実際に、桃と栗は実がなるのに3年ほどの年月が必要で、柿は約7年ほどの年月が必要になると言われています。

桃栗三年柿八年の使い方・文章

  1. 今日から毎日素振りをすることにした。桃栗三年柿八年の心構えで成果が出るまで頑張ろう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ