「情けは人の為ならず」とは?意味や使い方を解説!

「情けは人の為ならず」ということわざを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では間違った意味で理解されやすい「情けは人の為ならず」の意味や使い方を解説していきます。

目次

  1. 情けは人の為ならず
  2. 情けは人の為ならずの意味とは
  3. 情けは人の為ならずの誤用
  4. 情けは人の為ならずの使い方・文章

情けは人の為ならず

情けは人の為ならず(なさけはひとのためならず)」という言葉の意味や類語、情けは人の為ならずを使った文章について解説します。

座右の銘としても人気のこのことわざですが、文字の意味だけでなんとなく理解できてしまいます。

しかし、この言葉間違った意味で覚えている人が増えています。

この機会に、情けは人の為ならずについてしっかりと意味を理解しましょう。

情けは人の為ならずの意味とは

情けは人の為ならずの意味は「誰かに情けをかけてあげることは、相手のためだけだはなく、巡り巡って自分のためにもなること」を表します。

情けは人の為ならずの類語

情けは人の為ならずの対義語

  • 情けが仇

情けは人の為ならずの誤用

情けは人の為ならずの意味を「人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない」と理解している人がいるのではないだろうか?

実際、情けは人の為ならずの意味を間違えている人がとても多いのは事実である。

文化庁が発表した「情けは人の為ならず」の意味を尋ねた調査では、人に情けを掛けておくと、巡り巡って結局は自分のためになる」と「人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない」の割合がほぼ同じであった。

多くの人が、「人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない」という意味で間違って理解している。

情けは人の為ならずの使い方・文章

  1. リレーで勝ったらなんでも言うことを聞いてくれる約束をしたが、情けは人の為ならず約束をなかったことにしてあげた。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ