「ボンバー」とは?意味や使い方を解説!

「ボンバー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ボンバー」について解説します。

目次

  1. ボンバー
  2. ボンバーの意味とは
  3. ボンバー(bomber)を使った文章・例文

ボンバー

「ボンバー」という言葉の意味や使い方について解説します。

ゲームの人気タイトルに使われている言葉なので、それをきっかけに知ったという方も多いのではないでしょうか。

元々は、ドイツ語なのですが語源がドイツ語だと知っている人は少ないです。

また、ボンバーに似た言葉がアメリカのスラングとして使われています。

日本では、さまざまな表現に用いられるボンバーという言葉について深く知っていきましょう。

ボンバーの意味とは

ボンバー(bomber)とは、ドイツ語で「爆撃機もしくは爆撃する人、爆破犯人」という意味です。

英語では、同じスペルで書き「ボマ。バマ。」と発音します。

スペルをbonberと間違えやすいので注意したいところです。

英語での発音をセットで覚えると、bomberをbonberと書き間違えずに済みます。

ちなみに、アメリカの一部の若者がスラングとして、ものすごく美味しいという意味で「It’s the bomb」と言います。

「bomb」は、スラングとして多様に用いられている言葉になります。

ボンバー(bomber)を使った文章・例文

  1. the crew of a bomber(爆撃機の搭乗員)
  2. belly bomber burger(スパイスがよく効いたハンバーガー)
  3. brown bomber(褐色の爆撃機)
  4. spot suicide bomber from distance(遠くから自爆犯を見つける)
  5. suicide truck bomber(トラックを使った自爆テロ)

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ