「バッシング」とは?意味や使い方を解説!

「バッシング」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「バッシング」について解説します。

目次

  1. バッシング
  2. バッシングの意味とは
  3. バッシングを使った文章・例文

バッシング

「多くの人からバッシングを浴びる」などの人を批判する時などに多く聞くことがあります。

マスコミ、twitterなどの誰でもが目にすることが出来、かつ、拡散されることで、すぐに反応や影響が瞬時に感じられるようになったことにより、この言葉も広く知れ渡ることになったのでしょう。

飲食業界用語で「バッシング」という言葉もあり、どのような使い方をするのでしょう。

この「バッシング」という言葉の意味を解説します。

バッシングの意味とは

バッシングとは「個人・団体の行為に対して、根拠のないまたは過剰なまでの手厳しい非難をすること」という意味なります。

英語で「bashing」で、bashは「叩く」という意味があります。

ジャパン・バッシングという言葉も1985年頃から暫くの間、数多く聞くことがありましたが、最近の日本経済の鈍化により、この言葉も影を潜めた感があります。

また、飲食業界用語でのバッシングとは「テーブルの上を片付けること」という意味になります。

英語で「bus」は、「ウエイター、ウエイトレスの助手をする」という意味になります。

食事中に食べ終えたお皿を下げることを、中間バッシングと言います。

バッシングを使った文章・例文

<例文>

  1. 1番テーブルのお客様が帰られましたから、バッシングお願いします。
  2. 真実を述べたにも関わらず、これ程多くの人からバッシングを受けるとは思ってもいなかった。
  3. バイト先のレストランで、先輩にバッシングしてきて下さいと言われた時は、意味が分からず焦ってしまった。
  4. 何にでもすぐにバッシングするような人とは、どのような人か。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ