「ニヒル」とは?意味や使い方を解説!

「ニヒル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ニヒル」について解説します。

目次

  1. ニヒル
  2. ニヒルの意味とは
  3. ニヒルを使った文章・例文

ニヒル

ニヒル」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「ニヒル」という言葉は、耳馴染みのある方も多いかと思いますが、誤用されることも多い言葉です。

昭和の時代に多く使われていた言葉で、今の若者に対して使った際に理解してもらえず、死語になったのかと感じている方もいるのではないでしょうか。

しかし、ニヒルは造語や流行語ではなく今でも使われている言葉なので、死語とはなりません。

また、使い方を間違えると相手に失礼にあたる場合もあるので、多用は避けたい言葉でもあります。

この機会に、「ニヒル」という言葉の意味や使い方について、しっかり理解していきましょう。

ニヒルの意味とは

「ニヒル(nihil)」とは、ニヒリズムという哲学用語が語源で、ラテン語でnihilと書きます。

ニヒリズムとは、日本語で虚無主義という意味で、1733年にドイツの思想家が使ったことがきっかけで広まりました。

そして、本題である「ニヒル」という言葉の意味は大きく分けて2つあります。

1つ目は、「虚無的。虚無主義。ニヒリスティック。」という意味になります。

2つ目は、「冷めていて暗く、影のある様子」という意味になります。

よく、「ニヒルな思想」や「ニヒルな笑い」といった使われ方をします。

>

ニヒルを使った文章・例文

  • あの人は、ニヒルな笑い方で女性を見下す癖があるので嫌われている。
  • あの俳優は、ニヒルな演技が高く評価されており数々の映画賞を受賞している。
  • 彼は、ニヒルな顔で私を見下すので不愉快だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ