「二ッチ」とは?意味や使い方を解説!

「二ッチ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「二ッチ」について解説します。

目次

  1. 二ッチ
  2. 二ッチの意味とは
  3. 二ッチを使った文章・例文

二ッチ

ニッチ(niche)」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「ニッチ」という言葉は、耳にしたことはあっても詳しい意味まではわからないという方が多いのではないでしょうか。

さまざまな意味があり、専門性の高い言葉でもあります。

複数の意味がある言葉は、会話に出現した際に文脈からどの意味で使っているのか判断する必要があります。

マーケティング用語としても使われる言葉なので、この機会に、「ニッチ」について深く理解していきましょう。

二ッチの意味とは

「ニッチ(niche)」の意味は、大きく分けて4つあります。

まず、1つ目は「西洋建築で厚い壁をえぐり作ったくぼみ。花瓶や彫像を置く部分。碧眼(へきがん)」という意味になります。

2つ目は「生態系におけるある生物の地位。

3つ目は「橋やトンネルなどの脇に設置されている非常時に退避できる空間。

4つ目は「市場で大企業が占めていない規模の小さい分野。一般的にには気づきにくい部分。」という意味になります。

一般的には、4つ目の大企業が進出していない分野や、一般的に気づきにくい部分といった意味で使われることが多いです。

すきま産業という意味合いで「ニッチ産業」とも表現することがあります。

また、「ニッチな趣味」といった使い方もします。

二ッチを使った文章・例文

  1. 小さな会社も大企業が攻めていないニッチ産業を狙えば成功する可能性は十分ある。
  2. 彼はいつも上司から「ニッチなところに目がいく」と褒められている。
  3. 生態系において同じニッチを持つ生物は共存できないと言われている。
  4. 新居に来た友人が、植物を飾っている壁のくぼみを見て「ニッチがおしゃれ」と言ってくれた。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ