「マイニング」とは?意味や使い方を解説!

「マイニング」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「マイニング」について解説します。

目次

  1. マイニング
  2. マイニングの意味とは
  3. マイニングの使い方・例文

マイニング

マイニング」という言葉をご存知でしょうか。

ビットコインなどの仮想通貨に関する言葉で、ニュースなどで稀に登場することはありますが、仮想通貨と関わりがない限り知る機会のない言葉でもあります。

そんな「マイニング」の意味や使い方、データマイニングについてなど詳しくご紹介していきます。

マイニングの意味とは

マイニングとは、英語で採掘を意味する「mining(mineの進行形)」という言葉のことで、主に仮想通貨の取引の際「違法性や整合性をチェックしながら承認・確認をすること」を指します。

発行や取引を管理する中央機関がない仮想通貨にはネット上で全ての取引データを記帳し、全員が共有できる一つの台帳が必要になります。そこに記帳することをマイニングと呼びます。

マイニングには相当量の計算処理が必要なため、自らのPCを計算用に用いるマイナーと呼ばれる人達によって成り立っています。そして仮想通貨が新たに発行される際に、マイナーは仮想通貨で報酬を受け取るという仕組みになっています。

このことを利用して、マイナーにが自サイトで閲覧者のPCを無断で運用して仮想通貨のマイニングをさせていたことが判明し、大きな問題となりました。

また、同じくマイニングがつく言葉のデータマイニングは、膨大なデータから新しい知識を取り出す(mining)という意味になります。

>

マイニングの使い方・例文

  1. なんとなくビットコインを始めてみたものの、マイニングやらレートやら難しい単語ばかりですぐにやめてしまった。
  2. PCの動作がやけに重いと思ったら、特定のサイトにアクセスしている間にマイニングに協力させられていたとは。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ