「コンバート」とは?意味や使い方を解説!

「コンバート」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コンバート」について解説します。

目次

  1. コンバート
  2. コンバート(convert)の意味とは
  3. コンバートの使い方・例文

コンバート

「コンバート」という言葉について解説します。

ピッチャーから外野にコンバートされた。とか、元々はディフェンスだったが、コンバートされてフォワードになった選手。など野球やサッカーの話題で見聞きしたことがあると思います。

一般的にコンバートと言った場合はスポーツ関係の話だと想像するかもしれませんが、スポーツ以外にもITやパソコンに関係する言葉として使われてもいます。

今回は、そんなコンバートという言葉の意味を紹介していきますので、整理してみてください。

コンバート(convert)の意味とは

>

コンバート(convert)とは「変える・転換する」などの意味を持つ英語です。

今ではカタカナ語として一般的に使われていますが、野球やサッカーで使われる場合、IT用語として使われる場合、ラグビーで使われる場合それぞれの意味を紹介します。

野球やサッカーでのコンバート

野球やサッカーでのコンバートは「守備位置をやポジションを転向させること」という意味で使われます。

ポジションがあるスポーツであれば、どんな競技でもこの言葉が使われるようです。

IT用語のコンバート

IT用語としてのコンバートは「パソコンなどで、あるアプリケーションで作ったデータを他のアプリケーションでも取り込めるようにデータを変換すること」という意味になります。

例えば、エクセルで作ったデータをメモ帳で見れるようにしたりすること。などがコンバートにあたります。

ラグビーのコンバート

ラグビーにおけるコンバートとは「トライ後に与えられるキックショットがゴールすること」を指して使われるラグビー用語です。

コンバートの使い方・例文

  • イチロー選手はピッチャーから外野にコンバートされてから大活躍した。
  • どうしてもこのデータのコンバートの仕方が分からない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ