「デオドラント」とは?意味や使い方を解説!

「デオドラント」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「デオドラント」について解説します。

目次

  1. デオドラント
  2. デオドラントの意味とは
  3. デオドラントの使い方・例文

デオドラント

デオドラント」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「デオドラント」という言葉は、若い世代には耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

「デオドラント用品」や「デオドラントスプレー」など、主に夏の季節に使用するアイテムに使われる言葉です。

英語では「deodorant」と書きます。

年齢層の高い世代では、あまり耳馴染みのない方もいるかと思うので、この機会に「デオドラント」という言葉について詳しく知っていきましょう。

デオドラントの意味とは

>

デオドラント(deodorant)とは、「体臭や脇の臭いなどの汗を含んだ不快な臭いを防止するために、お風呂上がりや外出の前といった体が清潔な状態で、皮膚に塗布する薬剤。」という意味になります。

体臭は、汗に含まれる皮脂が酸化してバクテリアが繁殖することから発生するため、デオドラント用品は殺菌剤が有効成分となり、汗を吸収し皮膚を清潔に保つ役割の乾燥剤、汗の分泌を防止する塩化アルミニウムも配合されていることがあります。

デオドラント用品は、使用する目的や部位により、スプレータイプやミスト、糊、ゲル、シート、パウダーなど、さまざまな種類があります。

デオドラントの使い方・例文

  1. 夏の時期は、大量に汗をかくので外出前には必ず、デオドラントスプレーを使用する。
  2. 自分の体臭を気にしている彼女は、さまざまなタイプのデオドラント用品を携帯している。
  3. 最近のデオドラント用品は、フレグランスの種類が豊富で選ぶのが楽しい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ