「オーバーキル」とは?意味や使い方を解説!

「オーバーキル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「オーバーキル」について解説します。

目次

  1. オーバーキル
  2. オーバーキルの意味とは
  3. オーバーキルを使った文章・例文

オーバーキル

オーバーキル」という言葉はネットに詳しい人や英語を勉強している人は聞いたことがある言葉かもしれませんが、一般的にはあまり使われていませんね。

「オーバーキル」は聞く機会もある言葉ですから、意味を理解して会話で登場した時に困惑しないようにしておきたいですね。

この記事では「オーバーキル」の意味や使い方、例文などを解説します。

オーバーキルの意味とは

「オーバーキル」には一般的な意味とネット用語としての意味があります。

一般的な意味としては「過剰攻撃」「過剰殺戮」「地球上の人を全員殺しても余る量の核兵器がある状態」のことを表しています。核兵器が過剰に製造され、人々を脅かしている現状を揶揄する意味もあります。

ネット用語としては「ゲーム上で、残りの体力が少ない相手を必要以上に強力な兵器や戦力で倒すこと」です。

多くのゲームでは体力が無くなった時点で相手はゲームオーバーになるため、必要以上にやる必要はないと考える場合があります。ただ、ゲームによってはそれがポイントにつながる場合もあるので、一概にそうとも言えない側面もあります。

特に、シューティングゲームなどのジャンルで主人公が本人視点のFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)では、「オーバーキル」は非難される行為とされています。

>

オーバーキルを使った文章・例文

  1. オーバーキルと呼ばれる過剰攻撃や過剰殺戮を引き起こす核兵器が世界中に多くある。
  2. FPSをプレーする時にはオーバーキルをしないように気を付けた方がよいだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ