「ラフ」とは?意味や使い方を解説!

「ラフ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ラフ」について解説します。

目次

  1. ラフ
  2. ラフの意味とは
  3. ラフの使い方・例文

ラフ

ラフ(rough)」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「ラフ」とは、さまざまな場面で使われ、意味も複数ある汎用性の高い言葉になります。

よく、「ラフな服装」や「ラフな人」、「ラフなデザイン」といった使い方をします。

なんとなくこんな意味だろうと予想して使っている方もいるかと思いますが、意味によって使い方が異なるので、この機会に詳しい意味をしっかりと理解していきましょう。

ラフの意味とは

>

ラフ(rough)という言葉の意味は大きく分けて6つあります。

まず、名詞としての1つ目の意味は「硬式テニスで使うラケットの裏側。ラケットに飾りの糸を付けていた頃に、凹凸がある面を指していった。」となります。

2つ目の意味は、「ゴルフのコースで、フェアウエーやグリーンの周りの草などを処理していない不整備地帯。」となります。

形容動詞としての1つ目の意味は「荒っぽい様子。乱暴な様子。」となります。

2つ目の意味は「大まかである様子。」となり、使い方としては「ラフなイラスト」や「ラフなデザイン」といった表現になります。

3つ目の意味は「形式にとらわれず、気取っていない様子。」となり、使い方としては「ラフな服装」や「ラフな人」といった表現になります。

4つ目の意味は「表面がザラザラとしている様子。」という意味になります。

ラフの使い方・例文

  1. 上司から、Tシャツのデザインを頼まれたので、はじめにラフなイラストを描いて提出してみる。
  2. ドレスコードがある店にラフな服装で来てしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ