「カルチャーショック」とは?意味や使い方を解説!

「カルチャーショック」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「カルチャーショック」について解説します。

目次

  1. カルチャーショック
  2. カルチャーショックの意味とは
  3. カルチャーショックを使った文章・例文

カルチャーショック

皆さんは、「カルチャーショック(culture shock)」という言葉をご存知でしょうか。
国際社会などが掲げられる今となっては、そう珍しい言葉ではないと思います。

この記事では、「カルチャーショック」の意味を解説させていただきます。

カルチャーショックの意味とは

「カルチャーショック(culture shock)」とは、「異なる文化や生活様式に衝撃を受けること」という意味です。
学校や日本の社会で学んだこととは異なる文化や食生活、生活様式に触れることで、その大きな違いに精神的なショックを受けることをカルチャーショックと言います。
カルチャーショックは外国や国内問わず起きる現象です。例えば日本人が外国の大都市の写真を見て美しい街並みをイメージしてその地に赴いても、治安が悪かったり国民性がイメージと全く違うことに衝撃を受ければ、それはカルチャーショックを受けたということになります。
逆に、外国人が日本の街並みや日本人の国民性をイメージして日本に訪れて、そのイメージと現実の乖離にショックを受けることもカルチャーショックと呼びます。

>

カルチャーショックを使った文章・例文

ここで、「カルチャーショック(culture shock)」を使った例文をご紹介します。

1.海外では屋内でも靴を履いて生活していると言われ、カルチャーショックを受けた。
2.君は外国に随分と夢を見ているようだし、一度海外へ行ってカルチャーショックを受けて来ると良い。
3.留学したばかりの頃はカルチャーショックも多くて大変だったけど、今ではすっかりこちらの生活に慣れてしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ