「コンパニオン」とは?意味や使い方を解説!

「コンパニオン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コンパニオン」について解説します。

目次

  1. コンパニオン
  2. コンパニオン(companion)の意味とは
  3. コンパニオンの使い方・例文

コンパニオン

コンパニオン」という言葉について解説します。

今では日常的に見聞きする言葉・職業だと思います。

イベントコンパニオン、宴会コンパニオン、ピンクコンパニオンなど色々なものがありますが、皆さんはこのコンパニオンという言葉が正確にどういった意味なのかご存知でしょうか。

なんとなく、接客・接待するお姉さんというくらいの認識の方は多いかもしれません。

ここでは、そんなコンパニオンという言葉について紹介していきますのでぜひ最後までご覧になってみてください。

コンパニオン(companion)の意味とは

>

コンパニオンとは「接待役を務める女性」という意味で使われています。

本来の英語ではcompanion=仲間・連れという意味の言葉ですが、日本語の独特の意味としては上記の「接待役を務める女性」という職業を指す言葉になっています。

コンパニオンといった場合、一般的に指すのは宴会や旅行などで利用するコンパニオンを指していうことが多いようです。

宴会コンパニオンといわれますが、この宴会コンパニオンの中には様々な種類があり、素肌の露出などがありお色気度が強いピンクコンパニオンや、さらに過激なサービスを行うスーパーコンパニオンなどがあるようです。

地域によって呼び方が変わることもあり、定まっていないところですがおおよそこの認識でいいようです。

コンパニオンの使い方・例文

  • スーパーコンパニオンを呼んでハメを外し過ぎるのは注意した方がいい。
  • 男性社員しかいない会社だからコンパニオンを呼んでの豪勢な宴会を催した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ