「ロゴ」とは?意味を解説します!

「ロゴ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ロゴ」について解説します。

目次

  1. ロゴ
  2. ロゴの意味とは

ロゴ

ロゴ」という言葉の意味について解説します。

この「ロゴ」は、企業や商品などのパッケージに使われることが多いです。

ロゴタイプの略で、イラスト化された文字や文字列のことなどを指します。

日常で使用する多くの商品に施されているものなので、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

よく「ロゴマーク」や「ロゴデザイン」といった使い方をします。

今回は、そんな「ロゴ」について詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

ロゴの意味とは

>

ロゴとは「ロゴタイプ(logotype)の略。図案化や装飾化された文字、文字列のこと。主に、団体名や商号、商品名、書名などを表示する場合に使用される。」という意味になります。

ロゴは、社名である場合は、その看板や名刺、封筒などに印刷されることが多いです。

商品名であればそのパッケージに、書名であればその表紙などに印刷されます。

由来は、ギリシャ語の「ロゴテュポス」で、本来の意味は「一単語の為の連字活字」だったとされています。

また、ロゴタイプとマークを合わせて図感化したものに関しては「ロゴマーク」と呼ばれています。

この「ロゴマーク」という言葉は、logoとmarkを掛け合わせた和製英語です。

ちなみに、英語にも「logomark」という言葉がありますが、これはマークのみを指します。

そして、英語においての「logo」は、「logptype」「logomark」を合わせたものを指します。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ