「スマート」とは?意味や使い方を解説!

「スマート」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「スマート」について解説します。

目次

  1. スマート
  2. スマートの意味とは
  3. スマートの使い方・例文

スマート

スマート」という言葉をご存知でしょうか?

痩せてる人に対して「スマートな人」と言うことがあるので、「細い」という意味だと思っている方も多いかもしれませんが、コレって実は勘違いだって知ってましたか?

では本来の意味の「スマート」ってどういうこと?今回は「スマート」について解説します。

スマートの意味とは

>

「スマート」とは、英語で「smart(賢い、洗練された、高性能の)」という意味の外来語です。

日本語で「スマートな人」といった場合、痩せている人を指して言いがちですが、これは勘違いです。

決して痩せている人が全員スマートなわけではないのです。太っている人よりも、痩せている人の方が見た目に洗練されて見えますから「すらっとした細身でオシャレな人」のことを「スマートな人」と云うようになったのです。

では、英語で「細身の、痩せている」を何というかというと「slim(スリム)」とか「slender(スレンダー)」などと表現します。

「スリムボディ」とか「スレンダーな美人」などと使いますね。ちなみに「太っている人」を英語で「fat(ファット)」と表現することがありますが、これは日本語でいうところの「デブ」と似たニュアンスとなるため、カンジが悪いそうです。

「plump(プランプ)」と表現すると「ふくよかな」といった好意的なニュアンスとなります。

また「頭の回転のいい人」のことを「スマートな人」と表現することがあります。こちらは本来の「smart(賢い)」という意味で使われていますね。
「スマートフォン」の「smart」は、前述したとおり「高性能な」という意味で使われています。

スマートの使い方・例文

1.スマートで知的な雰囲気の美女
2.彼の仕事はいつもスマートだ。
3.2017年ごろからスマートフォン市場は伸び悩んでいる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ