「プレゼンテーション」とは?意味や使い方を解説!

「プレゼンテーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「プレゼンテーション」について解説します。

目次

  1. プレゼンテーション
  2. プレゼンテーションの意味とは
  3. プレゼンテーションを使った文章・例文

プレゼンテーション

プレゼンテーション」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

企業によっては企画を進める際には必要不可欠なものとして、学校でも授業の一環として行ったことがあるという方も少なくないかもしれません。

日本では元の意味とは少し違った意味合いで使われる言葉で、ネガティブに捉えている人も少なくないのではないでしょうか。

ここではそんな「プレゼンテーション」について詳しくご紹介していきます。

プレゼンテーションの意味とは

プレゼンテーション(presentation)とは、「情報を提示し、納得を得ること」を意味します。

完成した作品や、開発予定の商品、あるいはそれらの構想などを聴いている人に伝え、理解してもらうことを指します。

日本と海外でしばしば違いが取り沙汰される言葉でもあり、海外では宣伝を兼ねた発表会的な意味合いが強く、ボディランゲージや抑揚をつけた話し方がされ、表現する意味合いが強いのに対し、日本では主に企画会議などで一人がその場に集まった全員に配られた資料を読み上げることを指す場合が多く、報告に近い意味合いで使われています。

このため、「資料に目を通せば済むことをわざわざ発表する必要がない」や「プレゼンの準備にかかる時間と労力が無駄」など、あまり良いものとして捉えられていない面もあります。

>

プレゼンテーションを使った文章・例文

  1. 道端で新しいSNSサービスのプレゼンテーションをしている人がいて、提示された内容はもとより、表現が面白かったため思わず足を止めて聞き入ってしまった。
  2. 企画プレゼンを翌日に控え、段々と緊張がひどくなってきていたところに、先輩が優しく励ましてくれた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ