「インタールード」とは?意味や使い方を解説!

「インタールード」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「インタールード」について解説します。

目次

  1. インタールード
  2. インタールードの意味とは
  3. インタールードの使い方・例文

インタールード

インタールード(interlude)」という言葉は日常会話の中で聞くことは少ないですね。

ゲームに詳しい人や演劇に詳しい人は知っている言葉かもしれません。

「インタールード」はよく聞く言葉ではありませんが、ゲームや演劇観賞が趣味の人と話す時には聞くこともあるかもしれませんので、意味を知っておきたいですね。

この記事では「インタールード」の意味や使い方などを解説します。

インタールードの意味とは

>

「インタールード」は英単語の「interlude」が語源です。

「インタールード」には「幕間に行われる演芸」「間奏曲」「合間に起きた出来事」などの意味があります。どの意味でも物事の間に行われることを意味していますね。

また、15世紀~16世紀ころに生まれた中間劇のことを「インタールード」と呼び、これは喜劇の前身であるとも言われています。コミカルな短めの劇であったため、長編の劇などの幕間に演じられていました。

音楽の文脈で「インタールード」を使う時には間奏曲を指します。

ゲームに詳しい方には「インタールード」というゲームを知っている人も多いと思います。ドリームキャスト、PS2など向けに販売されたゲームです。

インタールードの使い方・例文

  1. ルネサンス期に盛んに演じられるようになったインタールードは喜劇の前身になったとも言われ、コミカルな調子がとても楽しい劇だ。
  2. インタールードが素晴らしいと、本編の音楽全体も素晴らしいものに聞こえてくる意味で非常に重要な意味を持つ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ