「ネグレクト」とは?意味や使い方を解説

「ネグレクト」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「ネグレクト」の意味や使い方・例文を解説していきます。

目次

  1. ネグレクト
  2. ネグレクトの意味
  3. ネグレクトの例文・使い方

ネグレクト

ネグレクト」という言葉の意味について解説します。

ネグレクトという言葉は現代社会において大きな問題の一つとなっているため、見聞きしたことのある人は多いと思います。皆様は、このネグレクトという言葉の意味をご存知でしょうか。もしご存知でなければ、この機会に意味を知ってみましょう。

ネグレクトの意味

ネグレクトは英語で「neglect」と書き、意味は「怠慢・粗略」「無視・軽視」となります。そこから転じて「児童虐待・障碍者虐待・高齢者虐待」として定義されるようになりました。ネグレイトという言葉も同義ですが、あまり使用されることはありません。

ネグレクトは現代においては、もっぱら虐待の意味で使われています。心理的虐待・身体的虐待の一つで、「自分の子どもを無視する」「自立性の低い幼児・低年齢児童の養育を著しく怠る」ことを指します。ネグレクトの特徴を挙げると「食事や衣服をしっかりと与えない」「排泄物やゴミの始末をしっかりと行わない」「長時間の育児放棄」などが挙げられます。そして、大体のケースにおいて虐待を伴うことがほとんどです。

ネグレクトには「積極的ネグレクト」と「消極的ネグレクト」の2つがあります。「積極的ネグレクト」は親の養育知識が不足しているわけでも経済力が不足しているわけでもないのに育児を放棄することを指し、「消極的ネグレクト」は親の経済力不足・精神的疾患を抱えている・知的障害がある・無学で養育知識がなく子どもに対応できないなどの原因で育児が出来ないことを指します。

ネグレクトの例文・使い方

  1. 娘の友達のAちゃんはいつも暗い表情をしていて、ネグレクトされていないか心配だ。
  2. 私の親は私に対して無関心であったが、今思うとあれもネグレクトの一種なのではなかろうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ