「悪巧み」とは?意味や使い方を解説!

「悪巧み」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「悪巧み」について解説します。

目次

  1. 悪巧み
  2. 悪巧みの意味とは
  3. 悪巧みを使った文章・例文

悪巧み

皆さんは「悪巧み」という言葉をご存知でしょうか。

知ってるけど「悪企み」じゃないの?と思った方、お手元の端末で「わるだくみ」と入力して変換してみてください。
「悪巧み」しか出ませんよね。つまり「悪企み」は誤用なのです。

では、どうしてそうなるのでしょうか?

悪巧みの意味とは

悪巧みとは「悪い計画。また、それを企てること。」という意味です。
読み方は「わるだくみ」です。

悪いことをたくらむ、企てるのだから「悪企み」と書いてしまいそうですが、こちらは誤用です。
「企」という漢字は「くわだてる。事を始める。」という意味です。また、訓読みで送り仮名を「み」にすると「たくら・み」と読むことになるので、「悪企み」と書くと「わるだくらみ」という読み方になってしまいます。

一方「巧」という漢字は、「上手である」という意味です。つまり悪巧みとは「悪いことをうまくやる」という意味になります。
「わるだくみ」とは悪いことを計画している段階を表す言葉なので、やはり「悪企み」の方がしっくりくると言わざるを得ません。

しかしながら、なぜ「わるだくみ」であって「わるだくらみ」ではないのか、という疑問の答えははっきりしません。
おそらく「わるだくらみ」より「わるだくみ」の方が口に出したときに自然に発音できることから、もともとは「わるだくらみ」だったものが次第に「わるだくみ」に変化し、「悪巧み」の漢字を当てられたのではないかと思われます。

>

悪巧みを使った文章・例文

  1. 彼らは時々集まってはこそこそと話をしているらしく、なにやら悪巧みをしているようだ。
  2. 悪巧みは必ず露見するというのが、勧善懲悪物語のお約束だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ