「盗人にも三分の理」とは?意味や使い方を解説!

「盗人にも三分の理」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「盗人にも三分の理」について解説します。

目次

  1. 盗人にも三分の理
  2. 盗人にも三分の理の意味とは
  3. 盗人にも三分の理を使った文章・例文

盗人にも三分の理

盗人にも三分の理(ぬすびとにもさんぶのり)」という言葉をご存知でしょうか?

日常生活ではあまり使わないことわざですが、いったいどういう意味なのでしょうか。

今回は「盗人にも三分の理」について解説します。

盗人にも三分の理の意味とは

>

「盗人にも三分の理(ぬすびとにもさんぶのり)」とは、泥棒のような悪事を働いた者にも、悪事に手を染めるそれなりの理由があるものだ、という意味のことわざです。

また、どんなに筋の通らないことでも、理屈をつけようと思えばつけられるという意味でも使われます。

「盗人」は「ぬすっと」とも読みます。

泥棒の側にも、話を聞いてみれば盗みを働くに至った理由や言い分があることから、このことわざが生まれました。

「三分」とは、全体の3割のこと。
30パーセントくらいは、許してやるに足るような理由があるかもしれないなーというような意味ですね。

また、たいした理由がなくて悪いことした時でも、理屈をこねればそれなりの言い訳が立つものだという意味としても使われます。

盗人にも三分の理の類義語

「盗人にも三分の理」と似た意味のことわざは、以下のようなものが挙げられます。

・乞食にも三つの理屈(こじきにもみっつのりくつ)
 【例文】乞食にも三つの理屈というし、いちおう話だけは聞いてやる。
・泥棒にも三分の道理(どろぼうにもさんぶのどおり)
 【例文】人をだましておいて、泥棒にも三分の道理なんて通じると思うなよ。
・藪の頭にも理屈がつく(やぶのあたまにもりくつがつく)
 【例文】彼の話を聞くにつけ、言い訳と自己弁護に終始しており、まさに藪の頭にも理屈がつくというようなありさまである。

盗人にも三分の理を使った文章・例文

1.盗人にも三分の理というが、情状酌量の余地もないほど身勝手な犯行に、どんな理由が見いだせるというのか。
2.なるほど、聞いてみれば確かにひどい話だ。盗人にも三分の理というし、素直に自首をしたらどうだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ