「人の噂も七十五日」とは?意味や使い方を解説!

「人の噂も七十五日」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「人の噂も七十五日」について解説します。

目次

  1. 人の噂も七十五日
  2. 人の噂も七十五日の意味とは
  3. 人の噂も七十五日を使った文章・例文

人の噂も七十五日

人の噂も七十五日(ひとのうわさもしちじゅうごにち)」という言葉をご存知でしょうか?
SNSでの炎上や芸能人の不祥事などで、噂話の多い昨今、けっこうよく耳にすることわざのひとつですね。
では、なぜ噂は75日なんでしょう。
というわけで今回は、「人の噂も七十五日」について解説します。

人の噂も七十五日の意味とは

「人の噂も七十五日(ひとのうわさもしちじゅうごにち)」とは、世間であれこれ噂をされても、時間がたてば自然に忘れ去られる、という意味のことわざです。放っておけば自然に忘れ去られるのだから、気にしなくてもいいという意味が込められています。

しかし、75日って結構長いですよね。「75日」の由来は諸説ありますが、昔は春夏秋冬に土用の丑の日を含めて季節を5つに区切っていたそうです。1年の365日を5で割ると73日になるため、キリよく語呂よく、75日にしたという説がひとつ。また、昔の暦が春夏秋冬のそれぞれの期間が70日~75日あるから、という説や、種をまいてから収穫までの日数がおよそ75日である、とする説などいくつかのバリエーションがあります。
共通しているのは、一年のうちのひとつの季節や区切りであるということで、春から夏、夏から秋という風に季節が過ぎるごとに噂も忘れられていく、ということを言い表しているようです。

ちなみに、このことわざがいつ頃生まれたのかは定かではありませんが、江戸時代中期に成立した『譬喩尽(たとえづくし)』ということわざや俳句などを集めた書物に掲載されています。

>

人の噂も七十五日の類義語

「人の噂も七十五日」の類語には以下のようなものが挙げられます。

・世の取り沙汰も七十五日(よのとりざたもしちじゅうごにち)
 【意味】取り沙汰とは、世間で噂をすること、また世間での評判のこと。
 【例文】世の取り沙汰も七十五日というし、ほとぼりが冷めるまで大人しくしておくのが吉さ。

人の噂も七十五日を使った文章・例文

1.人の噂も七十五日とはいえ、不名誉なうわさがいつまでも出回っているのは気分が悪い。
2.人の噂も七十五日というが、インターネットが発達した現代では、噂は瞬く間に炎上し、忘れたころに蒸し返される。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ