「インカメ」とは?意味や使い方を解説!

日常で「インカメ」という言葉を聞くことがあると思います。耳馴染みのない人にとっては意味のわからない言葉だと思います。この記事ではそんな「インカメ」について解説します。

目次

  1. インカメ
  2. インカメの意味とは
  3. インカメを使った文章・使い方

インカメ

スマートフォンやタブレットなどで主に使用される「インカメ」というものが存在します。

「インカメ」という言葉から想像がつく人も多いと思います。

しかし、「インカメ」という言葉はもはやスマホやタブレットなどの携帯端末を使用するうえでは、覚えていて当たり前の言葉のため、正確に意味を理解しておきましょう。

インカメの意味とは

「インカメ」とは「インカメラ」の略です。

「インカメラ」とは「スマホやタブレットなどの内側(液晶側)に付属されているセルフィ―機能目的のカメラ」のことです。

基本的には自撮りやビデオ電話などの際に使用されます。

内側に付属されているカメラを「インカメラ」と呼ぶのに対し、端末外側に付属されているカメラを「アウトカメラ」と呼びます。

基本的には近場を撮影するために使用される「インカメ」に対し、遠距離まで撮影をする「アウトカメラ」の方が高スペックに設計されています。

iPhoneでは「インカメ」=「FaceTimeカメラ」、「アウトカメラ」=「iSightカメラ」という名称がつけられています。

ちなみに一般的な英語として「in camera」という言葉が存在しますが、これは「非公開」や「秘密の」といった意味を持ちます。

ある意味「自撮り」などはこちらの「非公開」や「秘密の」といった意味を含んでいると考えられます。

インカメを使った文章・使い方

「インカメ」を使用した例文を紹介します。

  1. iPhoneの画面が割れてインカメがぼやけてしまっている
  2. インカメで自撮りしよう
  3. 間違えてインカメで写真を撮ってしまった

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ