「みみっちい」とは?意味を解説します!

「みみっちい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「みみっちい」について解説します。

目次

  1. みみっちい
  2. みみっちいの意味とは
  3. みみっちいの使い方・例文

みみっちい

皆さんは「みみっちい」という言葉をご存知でしょうか。

ちょっと耳慣れないという方も少なくないかもしれませんが、「せこい」や「けちくさい」と同じような言葉と言えばお分かりいただけるでしょう。

今回は「みみっちい」という言葉について詳しく解説します。

みみっちいの意味とは

>

みみっちいとは「しみったれている。わずかなお金などに執着するさま。けちくさい。」という意味です。
稀に、「取るに足らない些細なもの」を表す言葉として使うこともあります。

完全に悪口なので、あまり人に向けて使う言葉ではありません。
しかし、日常生活の中でつい思ってしまったということは誰にでもあると思われます。
節約に努めるあまり細かいことにこだわったり、1円単位まできっちり割り勘しようとしたりといった行動を見るとつい頭に浮かんでしまう、という人も多いでしょう。

語源には複数の説があります。

  • 「微々たる」の「びび」が「みみ」になった
  • 「耳をそろえる」など、「端(はした)」を意味する「耳」からきている
  • 「女々しい」の「めめ」が「みみ」になった
などです。

似た言葉に「せこい」があります。
「みみっちい」と同様の使い方もしますが、「せこい」の方が意味が広く、「ずるい」と言い換えて使うこともできます。
また、おおもとの意味は「悪い。醜い。下手である」となっているようです。こちらの意味で使うことは、現代ではほとんどないと言っていいでしょう。

みみっちいの使い方・例文

  1. メイクを試供品やテスターで済ませようとするなんて、みみっちいにもほどがあるよ。
  2. 隙あらば人の昼食にたかろうとしないでよ、みみっちいな。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ