「肝要」とは?意味や使い方を解説!

「肝要」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「肝要」について解説します。

目次

  1. 肝要
  2. 肝要の意味とは
  3. 肝要を使った文章・例文

肝要

肝要」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「かんよう」となります。

この「肝要」という言葉は、極めて意味が似ている言葉に「重要」や「大切」「肝心」などのよく使われるものがあるため、日常会話などであえて使用する機会は少ないかもしれません。

非常に大切なことや重要なことといった意味を持ちますが、皆さんはご存知でしょうか。

今回は、そんな「肝要」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

肝要の意味とは

肝要という言葉の意味について解説します。

この肝要という言葉は「非常に大切なこと。重要なこと。最も必要なこと。またそのようす。」という意味を持っています。

使い方としては「何をするにも辛抱が肝要だ。」や「受験勉強は早めに始めるのが肝要だ。」といった表現があります。


また、この肝要と同じ「肝」が入った言葉に「肝心」があります。

肝心とは「とりわけ大切であること。」といった意味を持つ言葉です。

使い方としては「何事もはじめが肝心だ。」といった表現があります。

使い方も肝要と同じような形です。

極めて肝要と意味が似ている言葉であるため、合わせて覚えておくと良いでしょう。

>

肝要を使った文章・例文

  1. 就職の面接では、明るく清潔感のある印象になるよう心がけることが肝要だ。
  2. 終わりよければすべてよしとも言うが、私は何事もはじめが肝要だと思っている。
  3. 受験に向けて、計画性を持って勉強を進めることが肝要だ。
  4. 接客業で肝要となるのは、お客様と適度な距離を保つことだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ