「源氏名」とは?意味や使い方を解説します!

「源氏名」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「源氏名」について解説します。

目次

  1. 源氏名
  2. 源氏名(げんじな)の意味とは
  3. 源氏名について

源氏名

源氏名」という言葉について解説します。

まだお酒の飲める年齢に達していない若者にとっては馴染みのない言葉かもしれませんが、夜の街で遊んだことのある大人であれば源氏名という言葉は一度は聞いたことがあると思います。

「へぇ、あやめちゃんって本名なの?源氏名じゃなくて?」といった感じで使われる言葉ですが、どういう意味なのか、またなぜそういった意味になったのかを知っている方は多くないかもしれません。

ここではそんな「源氏名」という言葉の意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、この言葉について整理・理解してみてください。

源氏名(げんじな)の意味とは

>

源氏名(読み方・げんじな)とは「もともとは源氏物語54帖の題名にちなんでつけられた、宮中の女官や武家の奥女中などの呼び名。これが次第に近世以降は遊女や芸者につけられ、現代では、バーのホステスなどの呼び名にもいう」という意味の言葉となっています。

大昔の人が源氏物語を参考につけたセカンドネーム的なもの=源氏名といった感じでしょうか。

源氏名について

ホステスが源氏名と使うようになった当初、ホステスの源氏名も初めは源氏物語の巻名に基づいていたと言われています。しかし時間とともに、それに関係のない名称についてもいうようになったようです。

現在では女性に限らず男性のホストの名前も源氏名と言います。女性でもない、源氏物語の名残りもないといった点では、有名ホストのローランドさんが発展形のいい例と言えるかもしれません。

ともかく、ホステス・ホストの名前が、ずっと元を正せば源氏物語から由来しているというのは、長い歴史を持つ日本らしい文化的側面と言えるのではないでしょうか。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ