「モンテカルロ法」の意味とは?意味や使い方を解説!

「モンテカルロ法」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「モンテカルロ法」について解説します。

目次

  1. モンテカルロ法
  2. モンテカルロ法の意味とは
  3. モンテカルロ法を使った文章・例

モンテカルロ法

モンテカルロ法」という言葉について解説します。

みなさんはこのモンテカルロ法という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

パっと見や言葉の響きは、少年心を刺激するようなライトノベル感がある気がしますが、様々なビジネス分野で使われるれっきとしたビジネス用語、IT用語です。

初めて見たという方にとっては、このモンテカルロ法とはどんな「法」なのか想像もつかないと思います。

ここではそんな「モンテカルロ法」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

モンテカルロ法の意味とは

>

モンテカルロ法とは「数値計算手法の一つ。乱数を用いた試行を繰り返すことによって近似解を求める手法。確率論的な事象について推定値を得る場合を特に「モンテカルロシミュレーション」と呼ぶ」という意味の言葉となっております。

ざっくりと言ってしまえば、サイコロ(乱数)を何百回と投げて統計(近似解)を出す。というようなイメージです。

実際にはプロジェクト開発期間を予測するために使われるなど、様々な場面で使用される計算手法となっています。

他にも外国為替用語としても「モンテカルロシミュレーション」が使われます。逆算しても答えが出ないようなものについて、乱数を使い数万回計算を繰り返し統計を出していくというものです。

ちなみに、この名前の由来ですが、この計算手法を生み出した開発者が、カジノで有名なモナコ公国のモンテカルロ地区から取ってつけたと言われています。

モンテカルロ法を使った文章・例

  • モンテカルロ法は原子爆弾開発計画に従事していた者によって開発されたと言われている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ