「碩学の徒」の意味とは?意味や使い方を解説!

「碩学の徒」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「碩学の徒」について解説します。

目次

  1. 碩学の徒
  2. 碩学の徒の意味とは
  3. 碩学の徒を使った文章・例

碩学の徒

碩学の徒」という言葉について解説します。

さて、まずはみなさん、この「碩学の徒」という言葉を読めるでしょうか。私は当然読めませんでした。

これは「せきがくのと」と読みます。

では、意味は?となるわけですが、この言葉を見聞きしたことがあるという方は少ないかもしれません。

現代ではなかなか使う場面のない言葉ですので、初耳という方が多いと思いますので、ここで一度押さえておきましょう。

ということで、ここではそんな「碩学の徒」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

碩学の徒の意味とは

碩学の徒とは「修めた学問の幅が広く、かつ深い人達や仲間達」という意味の言葉となっています。

碩学は「修めた学問が幅広く、かつ深いこと」を意味する言葉で、それに仲間、その同類の人といった意味を持つ「徒」がくっつく形となっています。

類語として博学という言葉があり、こちらの方がまだ馴染みがあるかもしれませんが、博学は幅広く知っていることですが、碩学はそれに深さもプラスされていると考えると分かりやすいのではないでしょうか。

かなり堅い言い回し、言葉なので、なかなか日常の中で見聞きすることは少ないですが、覚えておいてタイミングを見て使ってみると周囲から一目置かれるかもしれません。

>

碩学の徒を使った文章・例

  • あの大学には世界中から集まった碩学の徒が、日々研鑽を積んでいて、未来を変えるような驚きの発明がされている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ