「汚職」の意味とは?意味や使い方を解説!

「汚職」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「汚職」について解説します。

目次

  1. 汚職
  2. 汚職の意味とは
  3. 汚職を使った文章・例

汚職

皆さんは「汚職」という言葉をご存知でしょうか。

「職を汚す」という言葉であることから、仕事に関する何らかの悪いことだと予想がつくでしょう。
具体的にはどういう意味か、お分かりでしょうか?

今回は「汚職」という言葉について詳しく解説します。

汚職の意味とは

>

汚職とは「国会議員や公務員などの公職についている者が、自らの職権を乱用し不正を行うこと」という意味です。

つまり、会社員や自営業者など一般的な職に就いている者には使わない言葉です。
公職者は一般人に奉仕する者という認識があるので、その職務に就く者はクリーンであることを求められます。
それ故に、その職権をかさに着て不正を行うことは職を汚すことと見なされるのです。

代表的な汚職の例は、賄賂です。
特に国会議員は高い権力を持っているので、賄賂を渡して便宜を図ってもらおうとする人が後を絶ちません。

そう聞くと渡す方が悪いと思われるかもしれませんが、議員の方も汚職を避けたければ受け取らずに断ればよいだけの話です。
また、議員の方から何かの見返りとして賄賂を要求するケースもあります。
もちろん、渡した側も受け取った側も両方とも罪に問われることになります。

他にも高い地位にいた公職者が、退職後の再就職先に好待遇のポジションを確保する「天下り」なども汚職の一つです。
汚職は、権力の腐敗の象徴なのです。

汚職を使った文章・例

  1. 地元出身の国会議員が、汚職事件で逮捕された。
  2. かつて国家公務員だった祖父は、汚職によってかなりいい思いをしたらしい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ