「数え年」とは?意味や使い方を解説します!

「数え年」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「数え年」について解説します。

目次

  1. 数え年
  2. 数え年の意味とは
  3. 数え年の使い方・例文

数え年

数え年」という言葉について解説します。

履歴書を書く時、七五三をする時などなど、数え年なのか満年齢なのかといった話題になることがありますが、みなさんはこの数え年という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

年齢についての言葉ですが、普段はそれほど意識しない部分だと思います。

改めて、数え年とは?と聞かれるとなんだっけ?となる方は多いのではないでしょうか。

ということで、ここではそんな「数え年」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

数え年の意味とは

>

数え年とは「年齢の数え方。生まれた時点を一歳として、以降一月一日を迎えるたびに一歳加えるという方法」という意味の言葉となっています。

産まれた時をゼロ歳、誕生日を迎えることで一歳加えるのが、日本では当たり前となっている(これを満年齢という)ので普段の生活の中で数え年を使うことはあまりないかもしれません。

ですが、七五三などの伝統行事では数え年で行うのが正式なものとされていたり、場合によっては数え年で何歳なのかということを問われたりすることもあります。

覚えておいて損はない言葉なので、数え方と言葉の意味を覚えておいてみてはいかがでしょうか。

余談ですが、お隣の韓国では年齢をこの数え年でカウントするのが通常ですので、韓流がお好きな方はその点も鑑みて好きな俳優・アイドルの年齢を見てみると面白いのではないでしょうか。

数え年の使い方・例文

  • 祖父から、お前は数え年で何歳になった?と聞かれて意味が分からなかった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ