「家相」の意味とは?意味や使い方を解説!

「家相」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「家相」について解説します。

目次

  1. 家相
  2. 家相の意味とは
  3. 家相を使った文章・例

家相

家相」という言葉について解説します。

みなさんはこの「家相」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

占いや風水が好きという方にとっては馴染みのある言葉かもしれませんが、一般的によく使う言葉かと言われるとそうでもないかもしれません。

この家相という言葉に出会う機会としては、引っ越しや家を建てるとなった際に間取りなどの話になった時が多いと思いますが、全くの初耳と言う方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ということで、ここではそんな「家相」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

家相の意味とは

家相とは「家の地勢、方位、間取りなどが吉凶を支配するという考え。古く中国に起こり、陰陽五行説から割り出された一定の法則をもっていた」という意味の言葉となります。

ざっくりというと、家の間取りや位置が人々の運命に影響するとして、吉凶を判断する占い方法が、家相と言えるかもしれません。

手相、人相など、相で占うというのは色々ありますので、それの家バージョンと考えると理解しやすいのではないでしょうか。

似たものとして、風水が挙げられますが、内容としてはほとんど同じと言えます。中国のものが風水、それをもとに日本で発達したものが家相と考えればよいでしょう。

>

家相を使った文章・例

  • 家相が悪いという言葉を真に受けて、改築をすると母が言い出した。
  • 家を建てる前に様々な家相を調べたが、調べ過ぎた結果訳が分からなくなった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ