「奥二重」の意味とは?意味や使い方を解説!

「奥二重」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「奥二重」について解説します。

目次

  1. 奥二重
  2. 奥二重の意味とは
  3. 奥二重を使った文章・例

奥二重

奥二重」という言葉について解説します。

「私、小さい頃は奥二重だったんだよ」「奥二重がいつの間にかしっかりとした二重になった」といった感じで使われるこの言葉。

みなさんも一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

みなさんの中にも、実際に奥二重だという方も多いかもしれませんし、だいたいどういうものが奥二重と呼ばれるのかイメージがついている方も多いのではないでしょうか。

では、奥二重とは?と聞かれた場合はいかがでしょうか。イメージとしては涌いているけれど、言葉で説明するとなると難しいと思います。

ということで、ここではそんな「奥二重」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

奥二重の意味とは

奥二重とは「二重まぶたのうち、横ひだが皮膚の内側に隠れて目立たないこと。また、そのもの」という意味の言葉となっています。

言葉で説明すると、逆に分かりにくくなった

二重まぶたのひだが皮膚の内側、まぶたの中側に隠れて、一重に見える、もしくは二重として目立たない。というのが奥二重と呼ばれるものです。

日本では、二重に対する憧れ・コンプレックスを抱く傾向にあるので、思春期の頃は自分の奥二重に悩んだ。という思い出がある方は多いのではないでしょうか。

また、若者の中にはリアルタイムの悩みとして挙げる方もいるかもしれません。

そんなことを言うと何か悪いものみたいですが、奥二重も一つの個性と言えるのではないでしょうか。

>

奥二重を使った文章・例

  • 奥二重を二重にするのが、アイプチである。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ