「ヤラセ」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ヤラセ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ヤラセ」について解説します。

目次

  1. ヤラセ
  2. ヤラセの意味とは
  3. ヤラセを使った文章・例

ヤラセ

みなさんも「ヤラセ」という言葉をどこかで見聞きしたことが一度はあると思います。

「ヤラセ番組」「ヤラセがあった」といった使い方をしますが、ここではそんな「ヤラセ」という言葉について解説します。

あまり良いイメージがない言葉ではありますが、具体的にどういう意味か?と聞かれると、なかなか説明が難しいかもしれません。

使い方を間違えると無用のトラブルにもなりかねない言葉ですので、改めて押さえてみましょう。

ということで、ここではそんな「ヤラセ」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

ヤラセの意味とは

ヤラセとは「メディアが作った虚偽の報道をすること。事実らしくみせながら実際には演出されたものであること」という意味の言葉となっています。

ヤラセという言葉は元々は、メディア業界の業界用語でありましたが、1985年のある報道でヤラセがあったとして一般にも浸透した言葉と言われています。

本来はこういった虚偽といった意味で使われていましたが、昨今ではバラエティ番組での笑い声や拍手といった演出されたものもヤラセの一種として扱われています。

また、露天商のさくらもヤラセの一種と言われています。

そう考えると、程度はあるものの、ヤラセというのは身近に溢れているものなのかもしれませんね。

>

ヤラセを使った文章・例

  • ヤラセが発覚したあの番組はあっという間に打ち切りになってしまった。
  • 人を不幸にしないヤラセというのも、どこかにはあるはずだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ