「過保護」の意味とは?意味や使い方を解説!

「過保護」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「過保護」について解説します。

目次

  1. 過保護
  2. 過保護の意味とは
  3. 過保護を使った文章・例

過保護

過保護」という言葉について解説します。

「過保護と過干渉」「過保護に育てる」といった使い方をするこの言葉。

みなさんはこの「過保護」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

若者にとってはされる側、家庭を持っている方にとってはする側の言葉とも言えそうですが、きちんとした意味を把握できているでしょうか。

あまり日常の中で頻繁に出てくる言葉ではないですが、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな過保護という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

 

過保護の意味とは

過保護とは「親が子供などに必要以上の保護を与えること。また、そのようにされること。また、そのさま。一般的に子供が自力でできることまで、親が世話をし指図しようとする養育態度を指す」という意味の言葉となっています。

ということで、行き過ぎた保護を与えること、親がなんでもしてあげることを、過保護ということが分かると思います。

行き過ぎた保護の例としては、怪我をしないように全て先回りして守ったり、上手くいくように先々まで指示するといったことが挙げられます。

過保護は、愛情や心配から起きるものでもあるため、どこからが過保護でどこまでが正常なのか分かりにくいのかもしれませんね。

>

過保護を使った文章・例

  • 過保護に育てられた妹は、自分の思い通りにいかないと癇癪を起すような大人に成長した。
  • 親になってみて分かったが、過保護にしないというのもまた難しいことなのかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ