「仁愛」の意味とは?意味や使い方を解説!

「仁愛」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「仁愛」について解説します。

目次

  1. 仁愛
  2. 仁愛の意味とは
  3. 仁愛を使った文章・例

仁愛

皆さんは「仁愛」という言葉をご存知でしょうか。

日常であまり見かけない言葉で、読み方が分からない方も少なくないかもしれません。
しかし「愛」という漢字が使われていることもあって、なんとなく意味を推測できる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は「仁愛」という言葉について詳しく解説します。

仁愛の意味とは

>

仁愛とは「情け深い心でいつくしむこと」という意味です。
読み方は「じんあい」です。

「仁」という漢字は音読みが「じん」ですが、訓読みはありません。意味は「思いやり。いつくしみ。」「儒教における最高の徳。」です。
「御仁」などのように「人」を表す使い方や、「杏仁」が「あんずの種(の中身)」を意味する通り「植物の種」を表す使い方もあります。
上記の通り儒教に関係が深いということもあって、中国の古典などによく出てくる漢字です。

意味の中に出てくる「いつくしむ」という言葉は「かわいがり大切にする」という意味で、漢字で表記すると「慈しむ」あるいは「愛しむ」となります。

儒教における「仁」を大まかに解説すると、他者を愛し思いやることを指します。
他の人に情け深い愛情を注ぐことを、最も重要な徳であるとしているのです。

ここまでで分かる通り、「仁」と「愛」の二つの漢字は良く似た意味を持っています。
つまり、「仁愛」は似た意味の言葉を重ねて意味を強める構成の熟語となります。

仁愛を使った文章・例

  1. 子育ては思うままにならないことも多く、仁愛の心無くしてはできない。
  2. 大病を患うと、医療現場で働く人たちの仁愛の精神に感謝せずにはいられなくなる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ