「肉薄」とは?意味や使い方を解説します!

「肉薄」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「肉薄」について解説します。

目次

  1. 肉薄
  2. 肉薄の意味とは
  3. 肉薄の使い方・例文

肉薄

皆さんは「肉薄」という言葉をご存知でしょうか。

マラソンなどのスポーツシーンでよく見る言葉というイメージです。
実は読み方が二通り存在し、どちらの読み方で読むかによって意味が異なります。
誤読を防ぐためにも、きちんと覚えておきましょう。

今回は「肉薄」という言葉について詳しく解説します。

肉薄の意味とは

>

肉薄という熟語には二つの読み方があり、意味も変わってきます。

まず「にくはく」と読む場合は以下の意味になります。

  • 身をもって敵陣に迫ること
  • スポーツの競技などで、僅差まで追い詰めること
  • 鋭く問い詰めること

いずれも「紙一重で勝敗が決まるほど、ギリギリまで追い詰める」といったようなニュアンスの意味であることが分かります。

「肉迫」という熟語は同じ「にくはく」という読みで意味も同じになりますが、「肉薄」の表記の方が一般的です。

この場合の「薄」という漢字は「迫る。近づく。」という意味であり、同じ意味の用例としては「薄暮」などがあります。
「肉」は「肉体」であり、「肉薄」で「体が触れ合うほど近づく」という意味になります。
元々は「体が触れ合うほど密集した集団で敵に詰め寄る」という意味で、戦争や合戦の多かった時代ならではの言葉だったと言えます。

もう一つの読み方は「にくうす」で、こちらの場合は「肉が薄い。痩せている。」「物の厚みが薄い」という意味になります。
 

肉薄の使い方・例文

  1. そのランナーは順位を上げ続け、ついにトップ集団に肉薄した。
  2. 軍隊は長い行軍を終えて敵地に肉薄した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ