「弄する」とは?意味や使い方を解説します!

「弄する」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「弄する」について解説します。

目次

  1. 弄する
  2. 弄するの意味とは
  3. 弄するの使い方・例文

弄する

皆さんは「弄する」という言葉をご存知でしょうか。

「弄」は難しい漢字ではありますが、見覚えはあるという人が多いのではないでしょうか。
もしかしたら「ろうする」と読むこともなんとなく推測できるかもしれません。

今回は「弄する」という言葉について詳しく解説します。

弄するの意味とは

>

弄するとは「もてあそぶ。思うがままに操る。」「あざける。からかう。」という意味です。
読み方は「ろうする」です。

この言葉が使われている文で最も認知度が高いと思われるのが「策を弄する」というものですが、この場合の「弄する」は一つ目の意味です。
「策を弄する」で「不必要な、あるいは不純な策を好んで用いる」という意味になります。
「策を弄した」ことが原因で敗北や失敗を招いたという文脈になることが多く、「わざわざ余計なはかりごとをする」というようなニュアンスであることが分かります。

また「逆説を弄する」という用例もあります。
こちらは「相手を言い負かすために、意図的に事実と異なることをもっともらしく説いて混乱を招く」という意味です。
相手との言い争いが不利である、または自分の持論が明らかに間違っている際に「逆説を弄する」ことで強引に勝つことを狙っているのです。

総じて、「弄する」という言葉には「自分本位な行動で他人に悪い印象を与える」というようなネガティブなイメージがあることが読み取れます。

弄するの使い方・例文

  1. 彼は出世のために策を弄してライバルを蹴落とそうとした。
  2. 息抜きにちょっとだけ遊ぶつもりが、つい時間を弄してしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ