「レビュー」の意味とは?意味や使い方を解説!

「レビュー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「レビュー」について解説します。

目次

  1. レビュー
  2. レビューの意味とは
  3. レビューを使った文章・例

レビュー

皆さんは「レビュー」という言葉をご存知でしょうか。

特にネット上で買い物をする機会が増えると、とても気になる言葉です。

今回は「レビュー」という言葉について詳しく解説します。

レビューの意味とは

レビューとは「再検討。再調査。」「文芸や芸能などのエンタメなどに対する評論。批評記事。」という意味です。
英語では「review」と綴ります。

IT用語では「批評。見直し。」という意味です。
システム開発などにおいて、作業工程ごとに成果物の品質を検証する時間のことを指します。
開発メンバーのみで行う非公式のレビュー会議を「ウオークスルー」、第三者が参加して評価基準に基づいた検証をして評論する「インスペクション」といいます。

よくインターネット上の通信販売ページなどに「カスタマーレビュー」という項目がありますが、これは商品を購入したりサービスを受けたりした顧客がその良し悪しなどについて書いたり、店舗やスタッフに対する感想を書いた論評のことです。
商品購入やサービスの利用を検討していた人が目にすることで、判断材料とすることができるというメリットがあります。
しかしクレームに近い内容や独善的な内容の言いがかりなども掲載されてしまうこともあります。

また、「風刺的要素の盛り込まれた視覚的要素の強い喜劇」のことも「レビュー」といいますが、これは英語の「review」ではなくフランス語の「revue」に由来する言葉です。

>

レビューを使った文章・例

  1. 新しくできたパン屋さんのパンがおいしかったので、さっそくレビューを書いた。
  2. 適切な内容のレビューを書くことで報酬をもらえる、レビュワーという仕事がある。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ