「冴えない」の意味とは?意味や使い方を解説!

「冴えない」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「冴えない」について解説します。

目次

  1. 冴えない
  2. 冴えないの意味とは
  3. 冴えないを使った文章・例

冴えない

冴えない(さえない)』という言葉について解説します。

皆さん、この言葉は見聞きした事があるでしょうか?

巷では、頻繁に使用されている様に感じます。なので、皆さんも1度は見聞きした事があるかもしれません。

なんだか、パッとしないイメージで、あまり良い印象ではありませんが、知っておいて損ではないので、今回はこの冴えないという言葉についてみていきたいと思います。

知らない人も、知っている人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな冴えないという言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

冴えないの意味とは

>

冴えない(さえない)とは『ぱっとせず、物足りない、面白みに欠ける、つまらない、暗い、満足できない事を指す。』という意味の言葉となっています。

・・・確かにそんな時、人間なら誰しも経験した事があるはず。もしかしたら宇宙人でも経験した事があるかもしれません(笑)

使用した事がある方もいるかもしれませんが、この言葉は、対人にも気分にも使用する事が出来ます。

暗い人、暗い気分、物足りない人、物足りない気分と言ったように、気分や人、あるいは動物など、様々な場面で使用できます。

毎日毎日、仕事や学校や塾など、代わり映えしない、パッとしない毎日が冴えない毎日だと感じるかもしれません。

そんな時には、この言葉が使用できますが、まずは一休みをしてみてはいかがでしょうか?

冴えないを使った文章・例

・冴えない毎日の中で、唯一歌うことが心を癒した。
・なんだか受け答えもハッキリしない、冴えない人の印象があった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ