「血の気が多い」の意味とは?意味や使い方を解説!

「血の気が多い」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「血の気が多い」について解説します。

目次

  1. 血の気が多い
  2. 血の気が多いの意味とは
  3. 血の気が多いを使った文章・例

血の気が多い

血の気が多い(ちのけがおおい)』という言葉について解説します。

皆さんはこの言葉を、見聞きした事はあるでしょうか?

個人的には激高したりすぐに興奮する人のイメージが強いこの言葉。

皆さんんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

比較的頻繁に、ニュースやTVで見聞きする事が多いように感じます。

知っている人も、知らない人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな血の気が多いという言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

血の気が多いの意味とは

>

血の気が多い(ちのけがおおい)とは『物事に入れ込みやすい、冷静なはんだができずすぐに怒る、感情が高ぶりやすい、などを指す。』という意味の言葉となっています。

皆さんも、血の気が多い人の一人や二人、遭遇した事があるのではないでしょうか?

もしかしたら、あなた自身かもしれません。

すぐに激高したり、興奮したり、自分に当てはまる人は、注意が必要です。

自覚のない人もいますが、血の気が多いと何かと疎まれる傾向にあるかもしれません。

何かと感情が高ぶりやすい人がそばにいる場合には、一定の距離を取りましょう。

あるいは、『この人は、そーゆう人なんだ。』高を括りましょう。身の危険が心配されるほどの、血の気の多さを感じた場合には、直ちに逃げてください!!!!

血の気が多いを使った文章・例

・血の気が多い母は、よく学校に文句を言いに車を走らせていた。
・隣の部署の管理者は、血の気が多いと聞き、移動するのが嫌になった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ