「総括」の意味とは?意味や使い方を解説!

「総括」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「総括」について解説します。

目次

  1. 総括
  2. 総括の意味とは
  3. 総括を使った文章・例

総括

総括(そうかつ)』という言葉について解説します。

皆さんは、この言葉見聞きした事はあるでしょうか?

比較的、ニュースや会社や本などで使用されることが多いので、見聞きした事がある方も多いかもしれません。

まとめ合わせることや、総合的な意味合いがあるイメージのあるこの言葉。

実際はどのような意味合いがあるのか、見ていきましょう。

知っている人も、知らない人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな過保護という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。
 

総括の意味とは

>

総括(そうかつ)とは『個々にあるものをまとめ合わせる、総合する、締めくくる、またはその役の人、を指す。』という意味の言葉となっています。

会社やチームに『総括』という役割の人がる場合には、この意味に当てはまると思います。

みんなをまとめたり、総合的にまとめ合わせていく役割の方です。

一方で、締めくくりも意味しますので、事業の途中で行われるものを『中間総括(略して中括)』と
呼びます。

中々、自分が使用する事はなさそうでも、覚えておいて損はないでしょう。

また、自分の部署や、チーム、会社、クラブなどに総括がいる!って方は、こういった意味があると知ると、その人の凄さが分かったりするかもしれないですね?

総括を使った文章・例

・各人の、ご意見をご指摘含め総括する。
・総括の支持で立ち上げたプロジェクトが、かつてないほどの反響を呼んだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ